XMFXのデモ口座を登録してみる

FXの取引やEA(自動売買プログラム)取引、又はバイナリーオプション取引のサインツールなどを行おうと思うとMT4の口座が必要となります。そんな場合、デモ口座に登録してみたら雰囲気もつかめるのでお勧めです。

 

今回は、XMのデモ口座開設にをやって見たいと思います。

 

XMのデモ口座開設は、面倒な書類提出や住所の入力など一切なしで、時間にしてわずか数分で終わります。デモ口座ではいくら儲かっても出金することはできないが、3,000円の口座開設ボーナスで出た利益は出金OK。リアルマネーを入金することなく、XMのハイレバトレードを試すことができるのでぜひとも活用してみて下さい。

 

XMのデモ&リアル口座開設はこちらから

 

まずは、デモ口座の開設をクリックします。

XMのデモ口座個人情報の入力方法

入力は全て半角のローマ字です。

電話番号はデフォルトで【(+81)日本の国番号】が設定されているため、
最初の”0″を抜いたカタチで入力しよう。

例)090 7777 8888→+81 90 7777 8888

 

取引口座詳細を入力する XMのデモ口座取引口座詳細の入力

取引プラットフォームはMT4かMT5EAやツールを使用する場合は MT4を選択になると思います。

(現段階ではMT4対応のツールがほとんどの為)

スタンダード口座かZERO口座の違いは、ブローカーの手数料をどういう形でとるかということになります。

(こだわりがなければ、スタンダード口座でいいかと思います)

通貨の選択、基本はJPYになります。
(ドル建てなどのEAを動かす場合はそちらを選択)

レバレッジはスタンダード口座では最大888倍、ZERO口座では最大500倍まで選択できますが、口座開設後に変更することができないので、マックスレバレッジを選択です。

投資額は10ドル(約1000円)~500万ドル(約5億円)まで選択できます。
(実際の取引額ぐらいがおすすめです)

 

口座パスワードを決める

口座パスワードは小文字、大文字、数字の3種類が混在したものでなければいけない。

(このパスワードはMT4やマイページにログインする際に必要になります!パスワードはメールで通知されないので、忘れないように保存してください

 

 

全部入力したら、デモ口座開設をクリックです。

 

 

登録メールアドレスに、確認メールが届くので、「Eメールアドレスをご確認ください」をクリック

 

以上で、XMのデモ口座開設完了は完了です!

 

実際にMT4のプラットフォームをダウンロードして、MT4を立ち上げてみましょう。

 

デモ口座開設完了メールをチェックする

MT4(MT5)のIDと、サーバー情報が届いていると思います。

こちらのIDと接続先サーバー情報は必要になります。

(MT4ログイン時に必要な情報なので、大切に保存してください)

 

プラットフォームをダウンロードする。をクリックして進めていきます。

さらにダウンロードをクリックします。

使用したい項目を確認しクリックします。

さらに、ダウンロードをクリックします。

ダウンロードが終了したら、setup.exeを実行します。

通常は、次へをクリックします。

もし、リアルと分けたいとかなどで、XMを複数入れる場合は、設定で保存先と名前を変えると複数ダウンロードできます。

 

ダウンロードが完成すると、以下のページが立ち上がりますが、閉じても問題ありません。

 

 

同時に、MT4も立ち上がってきますので、口座情報を入力します。

①メールにて送られてきたID

②自分で決めたパスワード

③メールにて送られてきた、サーバー情報

 

入力にてログインをすると、完了です。

ここが、動いていれば大丈夫です。

 

簡単ですね!では次回、ツールの入れ方を記事にしてみたいと思います。

(バイナリーオプションのツールの場合デモ口座のみでも問題ないかと思いますが、リアル口座のサーバーの方がより正確とされています)

 

 

XMのデモ&リアル口座開設はこちらから