takeover_EA設置方法

takeover_EA設置方法と使用方法

takeover_EA設置方法

takeover_EAファイルを解凍し、分かり易いフォルダーへ保存します。
解凍したeaファイルを、MT4のデーターファイル→MQL4→Experts 内に保存し、ナビゲーターのエキスパートアドバイザを右クリックで更新させ準備をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に反映させたいサインインジケーターの種類を分析

通常のように、拾いたいサインツールをチャートに反映させます。(方法がわからない場合はこちらを参考にして下さい)

ターゲットウインドを表示させ、反映したチャートのサインが出ている足にカーソルをを合わせます。

カーソルを合わせた時にどのように表示されるかで判断下さい。

バッファー型の特徴は下記を参考にしてください。

 

 

オブジェクト型の特徴は下記を参考にしてください。

 

 

ご注意
多くのサインツールに反応できるようにしていますが、すべてのサインツールに反映出来るものではございません
takeover_EAを同じチャートに反映させます

エキスパートアドバイザーをチャートに入れると、パラメーター等の情報を設定します。

 

 

 

 

全般のDLLにチェックを入れる

 

 

 

パラメーターの設定

パラメーターは、バッファー型 オブジェクト型により設定が変わります。

下記の場所が変わりますので確認ください。

 

 

ロットを設定

エントリーするロッドを設定します。

 

 

スリッページを設定

注文レートと実際に約定したレートの差 スリッページの初期設定は「30×0.1pips」となっています。

 

マジックナンバー

チャートごとの管理番号を指定できます。

 

エントリー方法を設定


①次回サイン確定時にイグジット AND エントリー
②指定利益でイグジット(エントリー数を設定できます)
③指定PIPSでのトレーリング(エントリー数を設定できます)

 

 

ポジション数 利確方法を設定

①の場合は次足でのイグジット AND エントリーなので設定はありません。

②の場合は利確幅を③の場合はトレール幅を設定出来ます。

 

 

ストップロス

ストップロスを必要に応じて設定できます。

取引時間

取引時間を必要に応じて設定できます。

 


すべてをセットしOKをクリックしスタートとなります。

 

 

DDLをON パスコードを設定しないと動かないのでご注意ください。