FXを行うには

FXトレードを行う大まかな流れ

①何処の口座を開いてドレ―ドを行うかを決める。
②実際に口座を開く
MT4のプラットフォームもしくは口座のプラットフォームを導入する
③デモトレードを体験してみる
④証拠金を入れて実際に取引してみる
⑤利益を出勤してみる

場合によっては、VPSを使用するかも検討する、またもちろんスマホだけでも出来ますが、私はパソコンがある方が有利だと思います。

どう言うスタイルで取引するか決める

日本のFX口座で始める場合

FX口座を何処で開くか検討し口座を開設します。

基本的には、ネットで申請し審査され、書類でパスワードが届く流れになります。

その後は、パソコンに口座を開いた取引ソフトをダウンロードます。

同時、銀行もしくはクレジットカードなどで口座に入金後取引を始めます。

(ネットにつながる環境でパソコンもしくはスマートフォンで出来ます。)

 

海外のFX口座(MT4)を使って始める場合

海外FX口座を何処で開くか検討し口座を開設します。

基本的には、ネットで申請し審査され、パスワードがメールで届く流れになります。

その後は、パソコンに口座を開いた取引ソフトとしてMT4のプラットフォームをダウンロードます。

それぞれの会社で設定されたMT4なので簡単に取引を始めることが出来ます。

同時、銀行もしくはクレジットカードなどで口座に入金後取引を始めます。

(ネットにつながる環境でパソコンもしくはスマートフォンで出来ます。)

※MT4のプラットフォームを同時に数個、動かす場合はファイル名やフォルダーを変えて保存しないといけません。

 

 

主に海外のFX口座(MT4)をVPSで24時間駆動させる場合

海外FX口座を何処で開くか検討し口座を開設します。

基本的には、ネットで申請し審査され、パスワードがメールで届く流れになります。

その間に、VPSのサーバーを申請しないといけません。

こちらも、選ばなくてはいけませんが、方法はそれほどは変わらないと思います。

VPSのサーバーも申し込みが必要ですが、こちらは提出物も少なく、クレジットカードがあれば

すぐに申し込めます。

申し込み後、VPSのパソコンに、リモートで入り、口座を開いた取引ソフトとしてMT4のプラットフォームをVPSのパスコン上にダウンロードます。

同時、銀行もしくはクレジットカードなどで口座に入金後取引を始めます。

(ネットにつながる環境で出来ればパソコンもしくはスマートフォンで出来ます。スマートフォンでは、画面が小さ過ぎて不可能に近いです。)

※MT4のプラットフォームを同時に数個、動かす場合はファイル名やフォルダーを変えて保存しないといけません。

※銀行口座でFXも出来ると思いますが、手数料が高くてやったことがありません。

目次